投稿

2018の投稿を表示しています

李白詩 月下独酌

イメージ
独酌無相親 


李白詩 月下独酌

イメージ
独酌無相親

習作  柳宗元詩 漁翁 13

イメージ
(巖上無)心雲相逐


習作  柳宗元詩 漁翁 12

イメージ
(迴看天際下中)流
巖上無(心雲相逐)


習作  柳宗元詩 漁翁 11

イメージ
(迴看天際下)中(流)

習作  柳宗元詩 漁翁 10

イメージ
(迴)看天際下(中流)


習作  柳宗元詩 漁翁 9

イメージ
(欸乃一聲)山水綠 迴(看天際下中流)


習作  柳宗元詩 漁翁 8

イメージ
欸乃一聲(山水綠)


習作  柳宗元詩 漁翁 7

イメージ
(煙銷日出)不見人


習作  柳宗元詩 漁翁 6

イメージ
煙銷日出(不見人)

習作  柳宗元詩 漁翁 5

イメージ
(曉汲清湘)燃楚竹

習作  柳宗元詩 漁翁 4

イメージ
(曉汲清湘)燃楚竹


習作  柳宗元詩 漁翁 3

イメージ
曉汲清湘(燃楚竹)


習作  柳宗元詩 漁翁 漁翁夜傍西巖宿,

イメージ
(漁翁夜傍)西巖宿

習作  柳宗元詩 漁翁 1

イメージ
漁翁夜傍(西巖宿)

大石雅子句 ピアノ

イメージ

大石雅子句 賀状

イメージ

大石雅子句 竹踏み

イメージ

高室有子句 夏の果て15

イメージ

高室有子句 夏の果て 14

イメージ

高室有子句 夏の果て 13

イメージ

高室有子句 夏の果て 12

イメージ

高室有子句 夏の果て 11

イメージ

高室有子句 夏の果て10

イメージ

高室有子句 夏の果て9

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

高室有子句  夏の果て

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

高室有子句 夏の果て

イメージ

鶴岡加苗 句 「冬の浜」

イメージ

鶴岡加苗 句 「日向ぼこ」

イメージ

鶴岡加苗 句 「落葉」2

イメージ

鶴岡加苗 句 「落葉」

イメージ

臨  天海・日光山御本尊目録

イメージ
天海(1536-1643)
家康の厚い信頼を得、家康没後も秀忠、家光の内外の政務を補佐をした。東照大権現二十五回忌



俵屋宗達・書状

イメージ
俵屋宗達(生没年不詳)
琳派の創始者と言われ、光悦と姻戚関係にあるとされるが明らかではない。
淡墨を駆使した筆致に光悦の影響がうかがえる。

貴礼井醍醐ノむしたけ


臨  千姫・消息

イメージ
千姫(1597-1666)
秀忠の長女、母はお市の方と浅井長政の子、於江与の方。
7歳で従兄弟の秀頼の正妻となる。
大阪城落城の際、坂崎出羽守に救出されるが、本多忠刻と再婚。
この間の出来事は歪曲され後生に伝えられる。
忠刻没後、本多家は断絶され、千姫は30歳の若さで江戸に戻り、
出家し天樹院と号し、千姫ご乱行の俗説を産む。
70歳にて波乱万丈の生涯を終える。
瑞々しく華麗な文である。
筆致からは内気な貞淑な平凡な女性像が浮かび上がるが・・・

あやめのめでたさ



臨 松花堂昭乗・長恨歌

イメージ
松花堂昭乗(1584-1639)
寛永の三筆の一人。
真言密教の法を修め、広く人々から敬慕された。
仏道ばかりでなく、和歌、茶道にも優れ、
書画器玩の見識高い蒐集家としても知られる。
洒脱なしょである。

長恨者楊貴妃也


臨 大久保彦左衛門・書状

イメージ
大久保彦左衛門(1550-1639)
常に家康の元にあって数々の武勲を立て、
諸侯に列しさせようとする家康の意向を頑固に辞退したが、
重要な会議には必ず列席し遠慮の内発言をしたと言う。
見るからに頑固一徹さを示す書だ。

先度者ゑ門被越候・書状


臨 本阿弥光悦・寄進状

イメージ
本阿弥光悦(1558-1637)
本阿弥家は本来刀剣の研磨、鑑定、浄拭を本業とした。
書画、蒔絵、陶器などに秀で当代一の文化人と崇められた。 
特に書では寛永の三筆として名高い。
粋人らしい新鮮繊細な書風である。

道風之法華経
一部十巻井箱机



臨  伊達政宗・書状

イメージ
伊達政宗(1567-1636)
奥州一帯に勢力を伸ばしたが、
結局は秀吉、家康に順次従った。
支倉常長をローマに派遣し通商貿易を求めるなど、
遠大な計画の持ち主だったことが覗える。
一方で、和歌茶道にも通じ、中央の文化を東北に広めた。

関白様会津へ御下向ニ付きて



臨  徳川秀忠・小歌

イメージ
徳川秀忠(1578-1632)
徳川二代将軍として江戸幕府の基礎を固めた。
人柄も良く学問にも熱心であったという。
豊麗な筆致である。

君ハ初音の郭公松に


臨  藤堂高虎・書状

イメージ
藤堂高虎(1556-1630)
幼時より武勇の誉れが高かったが、
文学・茶道にも通じていた。

急度申入候
一蔵よりむしろ


毛利輝元・書状

イメージ
毛利輝元(1553-1625)
元就の孫。
元就より家督を受け、
足利義昭に頼られるなど絶大な勢力を持ち信長秀吉と敵対したが、
信長没後は秀吉に従う。
五大老の一人であり、関が原の戦いでは西軍の盟主に担がれ敗北する。
戦国の風流武将として歌書に秀でていた。

粟備申趣承知候於我等


臨 福島正則・書状

イメージ
福島正則(1561-1624)
若きより秀吉の武将として多くの戦功を上げる。
秀吉没後は家康に従い、関が原の戦いの戦功などで大大名の名を連ねる。 
しかし、秀忠の譴責を買い、領地を没収され蟄居のまま没する。

態申入候仍大納言此一
両日少御気分悪敷御座候



臨 高台院・消息

イメージ
高台院(1548-1624)
秀吉の正室。
足軽時代の秀吉に嫁ぎよく内助の功を発揮した。
気丈な一面が現われている書だ。

鶴方へまいる


臨 黒田長政・書状

イメージ
黒田長政(1568-1623)
秀吉の武将として数々の武功を立てる。
関が原では、三成と折り合いが悪く家康方に付く。

為見廻千鳥貝