2018年5月5日土曜日

臨 大久保彦左衛門・書状

大久保彦左衛門(1550-1639)
常に家康の元にあって数々の武勲を立て、
諸侯に列しさせようとする家康の意向を頑固に辞退したが、
重要な会議には必ず列席し遠慮の内発言をしたと言う。
見るからに頑固一徹さを示す書だ。

先度者ゑ門被越候・書状


0 件のコメント:

コメントを投稿